相談予約
お問合せ
Contact us
  • Facebook Clean
  • Google+ Clean

あさい総合法律事務所・新着情報

タグ
Please reload

September 25, 2016

広島カープ優勝おめでとうございます!

ということで、昨年広島弁護士会とカープのコラボで生まれたカープローヤーが期間限定で復活。

広島紙屋町法律相談センターも優勝記念で9月末まで相談料無料になってます。

カープ優勝記念「広島弁護士会」の無料法律相談が盛況「巨人ファンの方もどうぞ」

さすが上椙委員長、フットワーク軽いですね~

鳥取でやるならガイナーレ鳥取優勝企画でしょうか。

道は遙か遠そうですが・・・。

September 24, 2016

 法律家にとっての「三種の神器」ともいえるのが、①法律の条文②原理・原則・定義等の基礎概念、そして③判例・裁判例です。

 かつては六法といわれる基礎法(憲法・民法・刑法・商法・民訴法・刑訴法)は滅多に改正されなかったのですが、激動の時代に対応するため最近は六法についても毎年のように法改正があります。弁護士にとっては最新法令のフォローは大事な仕事の一つです。

 さらに、大変なのが日々変わり続け、増え続ける判例・裁判例のフォローです(ちなみに判例と裁判例の違いは、前者が最高裁判所が出す先例性のある判決を指し、後者が主に下級審が出す判決を意味...

September 19, 2016

  法的なトラブルは全国どこでも起こりえるのに、近くに弁護士がいないために弁護士に相談や依頼ができない。これでは市民の司法アクセスが十分に保障されているとはいえません。 日弁連は、1996年の定期総会で「弁護士過疎地域における法律相談体制の確立に関する宣言」を採択し、弁護士過疎・偏在問題の解決のために全力をあげて取り組む宣言をしました。

 上記宣言に基づき、1999年9月には「日弁連ひまわり基金」を設置し、全会員から特別会費を徴収して、全国の司法過疎地で公設事務所「ひまわり基金法律事務所」の開設・運営を支援しています。

 

 上記活動の背...

 本日付の日本海新聞に代表弁護士淺井のコメントが掲載されました。

 弊所では成年後見人・保佐人等を多数担当しておりますが、身寄りがなく資力も乏しい被後見人の方がお亡くなりになった場合、葬儀や遺品の処理といった死後の事務処理はなかなか悩ましい問題です。

 このような死後の事務処理についての法制度は全く整備されておらず、現状では後見人等を務める弁護士や司法書士等の専門職の善意やボランティアスピリッツで何とか事後処理をしているのが現実です。しかしながら、今後ますます増加が予想されるこの問題。専門職の善意に委ねるのではなく、やはり何らかの形での...

September 4, 2016

 法曹界(裁判官・検察官・弁護士の業界)では、昔からテニスが盛んです。かつては裁判所や検察庁の裏庭にはテニスコートがあり、アフターファイブに裁判官・検察官・事務職員さんたちが汗を流していたとも聞きます。

 私も体を動かすのが好きなので、仕事の合間を縫ってテニスの練習を定期的にやっています。週に1回の練習で、しかも仕事が入るとお休みするのでなかなか上達はしませんが、少しづつ上達した方が長くテニス人生を楽しめると思い、のんびりと楽しんでいます。

 さて、本日は鳥取県の弁護士会有志の企画でテニス大会が開催され、私も参加してきました。

 他の事務...

September 1, 2016

 本日の日本海新聞の記事で、鳥取県内の犯罪認知件数が減少しており戦後最少ペースであるとの報道がなされていましたね。

 日々のマスメディアの報道などを見ていると日本の治安は、昔よりも非常に悪化しているとの印象を持たれている方が多いと思いますので、この記事を読んで不思議に思われた方もいらっしゃるでしょう。

 しかし、犯罪白書等の客観的データを見ると、日本全体の犯罪の認知件数・検挙件数はともに10年前と比較して半減しており、日本の治安はトータルで見るとむしろ良くなっていることが分かります。

 特に殺人や強盗などの粗暴犯・凶悪犯罪の件数は急激に減...

Please reload

アーカイブ
Please reload