相談予約
お問合せ
Contact us
  • Facebook Clean
  • Google+ Clean

弁護士バッジの話

 弁護士バッジの正式名称は、弁護士記章。ひまわりの中心に天秤を配するデザインです。

 ひまわりは自由と正義、天秤は公平と平等を表しています。

 裏面には登録番号が刻印されていて、誰のバッジか特定できるようになっています。

 ちなみに紛失すると裏面に再発行であることを示す「再」の文字と再発行回数の刻印をされた上(初めての再発行なら「再1」となります)、官報の「弁護士記章紛失公告」に名前を記載されて恥ずかしい思いをすることになります。

 

 弁護士ドラマなどで使用されているレプリカはぺらぺらのものが多いですが、実際はかなりの肉厚で金ピカなので目立ちます。スーツに付けると何だか偉そうな感じになってしまい、相談者さんが話しにくいような気がするので、私は普段はあまり身には付けません。

 かつては弁護士業務をする時には記章を身につけなければならないという会則があったのですが(帯用義務)、会則改正により現在は記章か身分証明書を携帯していればよいということになっています。

 

 

 ちなみに、通常の記章は純銀に金メッキをされたものでベテランの先生ほどいぶし銀に変色していくため、記章の色を見ると新人かベテランか何となく分かったりします。

 私は鞄にしまったままなので、いつまでたっても記章は金色のまま。

 金色の記章の如く、いつまでも新人弁護士の気持ちを忘れず謙虚な気持ちで依頼者さんや事件と真摯に向かい合いたいと思います。

 

 

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload